ウェブライターに記事執筆を外注するメリットとは?デメリットも紹介

「たくさんの記事を投稿してサイトを充実させたいけれど、外注しても良いのだろうか?」
「適切な外注先を選ぶためのポイントが知りたい」

このように、ウェブサイトに投稿する記事を外注することについて、疑問に思った経験はありませんか?

記事を外注することで、さまざまなメリットを受けられますが、一方でデメリットも把握しておかなければ、思ったようにウェブサイト運営できなくなってしまいます

そこで本記事では、記事を外注するメリットデメリットについて、詳しく説明します。

ウェブライターに記事を外注する3つのメリットとは?

ウェブライターに記事を外注するメリットは、以下の3つです。

  1. 記事を執筆するための労力が削減できる
  2. コストを抑えてコンテンツを充実させられる
  3. 短期間で大量の記事を投稿できる

これらのメリットがあることを知っておけば、より効率的にウェブサイトを運営できるようになり、ウェブサイトを通して達成したい目標に届きやすくなりますよ

ここからは、ウェブライターに記事を外注するメリットについて、詳しく説明します。

記事を執筆するための労力が削減できる

ウェブライターに記事を外注する1つ目のメリットは、記事を執筆するための労力が削減できることです。

あなた自身で記事を作成したり、社内のスタッフに記事の執筆を担当させたりすることで、ウェブサイト内のコンテンツを充実させられます

しかし、記事を執筆するためには、見出しを考えて構成を作ることに加えて、執筆内容リサーチするといった手間が発生するため、なかなか記事を完成させられません。

また、記事が完成したとしても、ファクトチェックや誤字脱字の有無、表記ゆれの確認など、記事を投稿するまでに入念なチェックが必要になるのです。

さらに、投稿する際に文字の装飾や画像の挿入、動画の挿入などを行う場合は、それらを選定する時間がかかったり、記事の体裁を整えるためにさらに時間がかかったりしてしまいます

ウェブライターに記事を外注すれば、これらの手間をすべて外部に委託できるようになるため、本来の業務に専念する時間を確保しやすくなるのです。

それによって、より効率的なウェブサイトの運営ができるようになり、事業運営に集中することで成果を出しやすくなるでしょう。

コストを抑えてコンテンツを充実させられる

ウェブライターに記事を外注する2つ目のメリットは、コストを抑えてコンテンツを充実させられることです。

記事の作成を外注することにもコストがかかりますが、あなた自身が記事を作成したり、社内のスタッフに記事の作成を任せたりすることで、人件費の大部分を記事作成に費やしてしまいます

それらのコストを考えると、ウェブライターに記事作成を外注した方が、結果的に費用を抑えてコンテンツを充実させることにつながるケースが多いのです。

コストを抑えてコンテンツを充実させられれば、効果的な事業運営が可能になり、あなたの事業の成長をさらに加速させられるでしょう。

短期間で大量の記事を投稿できる

ウェブライターに記事を外注する3つ目のメリットは、短期間で大量の記事を投稿できることです。

ウェブサイトとして一定の体裁を整えたり、サイトにアクセスした人に満足してもらうためには、ある程度コンテンツを充実させておく必要があります。

せっかくあなたのウェブサイトにアクセスしたにも関わらず、コンテンツが充実していなければ、内容の薄いウェブサイトだと判断されてしまうため、サイトからの離脱が進んでしまいかねません

ウェブライターに記事の執筆を外注すれば、短期間で大量の記事を納品してもらえるため、求めているコンテンツの量まで短期間で増やせるのです。

ウェブライターに記事を外注する3つのデメリットとは?

ウェブライターに記事を外注することには、メリットもあればデメリットもあります。具体的なデメリットは、以下の3つです。

  1. ライターによって執筆能力が違う
  2. 円滑な情報伝達ができない場合がある
  3. サイトの特徴に合わせた記事にならない場合がある

これらのデメリットを理解しておくことで、記事の外注によって発生する問題点をあらかじめ避けながら仕事を依頼できるようになりますよ

ここからは、ウェブライターに記事を外注するデメリットについて、詳しく説明します。

ライターによって執筆能力が違う

ウェブライターに記事を外注する1つ目のデメリットは、ライターによって執筆能力が違うことです。

ウェブライターには、必ず必要な資格や経験がないため、文章さえ掛ければ誰でもウェブライターを名乗ることができます。

そのため、記事の執筆を依頼したにも関わらず、納得いく品質の記事が納品してもらえなかったというケースが発生するのです

せっかくコストをかけて記事を外注したにも関わらず、投稿できるレベルに満たない記事が納品されてしまうと、修正に時間がかかってしまったり、最悪の場合初めから書き直さなければならなかったりすることもあります。

そのような事態を避けるためには、ウェブライターがどれくらいのライティング経験を持っているのか、過去にどのような記事を執筆してきたのかを把握してから、執筆を依頼することが大切です。

弊社では、ウェブライターとして5年以上活動しており、携わってきたクライアント様や記事のジャンルは多種多様になります。

実際に執筆した記事を見ていただけるように、「ポートフォリオ」も用意しております。

お仕事を依頼する際の参考にして頂ければと思います。

円滑な情報伝達ができない場合がある

ウェブライターに記事を外注する2つ目のデメリットは、円滑な情報伝達ができない場合があることです。

ウェブライターの多くは、ライター業を専業としておらず、会社員や主婦が空き時間に副業として行なっているケースが多くなっています。

そのため、記事の内容について確認したい事項や、お仕事を進めていく上で連絡を取りたい時に、すぐに連絡が取れないことが多いのです

場合によっては、返信が来るまでに数日かかったり、人によってはそのまま音信不通になってしまったりすることもあります。

そのようなリスクを避けるためにも、ライター業を専業としている人に外注するのが望ましいと言えるのです。

サイトの特徴に合わせた記事にならない場合がある

ウェブライターに記事を外注する3つ目のデメリットは、サイトの特徴に合わせた記事にならない場合があることです。

ウェブサイトにもさまざまな種類があるため、サイトの運営者によって求める記事の品質が異なります。

一般の人向けの情報を発信したいウェブサイトであるにも関わらず、専門的な知識や用語をたくさん盛り込んだ記事を納品されたり、硬い文章を希望していたにもかかわらず、口語的でくだけた文体の記事を納品する人もいます。

記事ごとに読み手に与える印象が違う内容や文章になっていては、訪問者に違和感を与えてしまいかねません

そのため、サイトの運営方針やジャンルに沿った記事を執筆してもらうためには、依頼しようと考えているウェブライターがどのような記事を執筆しているのか、求めているジャンルの記事をかけるのかをあらかじめ確認しておくことが大切です。

メリットデメリットを理解して記事を外注しよう

本記事では、ウェブライターに記事執筆を外注するメリットデメリットについて、詳しく説明しました。

求めている品質の記事を納品してもらうためには、ウェブライターの能力や経験をしっかりと把握することが大切です

ここで説明した内容を参考にして、ウェブライターに記事執筆を外注するメリットデメリットを理解した上でお仕事を依頼できるようになり、効率的にウェブサイトを運営できるようになってくださいね!

ライティングの依頼はこちらから!

ライティングを専業としている弊社では、さまざまなジャンルの記事を執筆しています

ポートフォリオ」では、過去の執筆経験を分かりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください。

執筆依頼や、より詳しい話を聞いてみたいという方は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です