ウェブライターの職業病!?肩こりの原因と対策を教えます!

「パソコンで仕事をしていると、肩こりがひどくなって集中できなくなる」
「肩こりを解消する方法を知って、気楽に働けるようになりたい」

一日中パソコンの前に座って仕事をしていることが多いウェブライター。

肩こりはもはや職業病と言っても良いでしょう

本記事では、ウェブライターが仕事中に肩こりを発症する原因や、具体的な対策を紹介します。

ウェブライターが肩こりを発症する2つの原因とは?

ウェブライターが肩こりを発症する原因には、以下の2つがあります。

  1. 血流が滞るから
  2. 自律神経が乱れるから

これらの原因を知っておけば、肩こりが起こりにくいように体の状態を調整できるようになり、集中力を保って仕事を進められるようになりますよ!

ここからは、ウェブライターが肩こりを発症する原因について、詳しく説明します。

血流が滞るから

1つ目の原因は、血流が滞るからです。

パソコン作業をするときは、画面やキーボードに集中してしまうため、体が前のめりになって背中が丸まってしまいます。

このような姿勢を長時間とると、肩や首の筋肉がこわばってしまい、血流が滞るのです。

また、冬に寒い部屋で長時間仕事をしたり、夏でも肩に直接エアコンや扇風機の風が当たるような状態で仕事をしたりすると、肩周囲の血流が滞りやすくなります。

血流が滞った状態が長時間続くと、痛みを感じる物質が放出され、肩こりとして認識するようになるのです。

自律神経が乱れるから

2つ目の原因は、自律神経が乱れるからです。

ウェブライターは、長時間パソコンに向かって仕事をしています。

さらに、仕事以外の時間帯にもスマートフォンを見る場合もあるため、目の周りの筋肉を酷使しているのです

そのような状態が続くと、交感神経が活発になった状態が長くなってしまうため、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経の乱れによって、肩こりや首こり、頭痛やめまいといった症状に悩まされるようになるのです。

ウェブライターが肩こりを予防しながら働く2つの方法

ウェブライターが肩こりを予防しながら働く方法には、以下の2つがあります。

  1. 正しい姿勢で仕事をする
  2. 肩周りの運動を取り入れる

仕事中にこれらの方法を意識的に試してみることで、肩こりが起こりにくい体を維持して、執筆を続けられるようになりますよ

ここからは、ウェブライターが肩こりを予防しながら働く方法について、詳しく説明します。

正しい姿勢で仕事をする

1つ目は、正しい姿勢で仕事をすることです。

正しい姿勢と聞くと、背筋をピンと伸ばした状態を想像するかもしれません。

しかし、人間の背骨は軽く曲がった状態が正常なので、無理に背骨を伸ばす姿勢を維持すると、かえって体の疲労を増やしてしまいます

とはいえ、お尻が前にずり落ちた姿勢や、猫背になるように背中を丸める姿勢も好ましくありません。

パソコン作業を長時間続ける時は、椅子に深く腰掛けた状態で背中は軽く浮かし、肘は脇腹からこぶし1個ぶん前に出した状態でパソコンに触れるようにします。

また、肘を外側にこぶし1個ぶん外に広げることで、肩の筋肉を緩められます。

前腕はテーブルの手前に付くようにして、腕の重みを支えましょう。

手首は、腕からまっすぐ伸びるようにして、反らしたり曲げたりしないような角度が望ましいです。これによって、肩こりだけでなく、腱鞘炎を予防することにもつながるのです

肩周りの運動を取り入れる

2つ目は、肩周りの運動を取り入れることです。

定期的に肩周りの筋肉を動かすことによって、筋肉の血流が滞るのを予防し、肩こりが発症するの防げるようになるのです。

定期的に両肩を上げ下げする運動や、肩を大きく回す運動を取り入れるだけでも、肩周りに滞った血液が流れていくことが期待できます

また、肩周りが冷えないように、エアコンや扇風機の温度や向きを調整したり、必要に応じて肩周りを温めたりするといった方法も有効です。

肩こりを防いで魅力的な文章を書き続けよう

今回は、ウェブライターが肩こりを発症する原因や、肩こりを防ぎながら仕事を続ける方法について説明しました。

一度肩こりを発症してしまうと、もと通りになるまで数日かかる場合もあります。

症状に気付いたら、できるだけ早く対処することが大切ですが、それ以前に肩こりにならないような予防行動をとるのも重要です。

ここで説明した内容を参考にして、肩こりが起こりにくい方法を実践できるようになり、長時間の作業でも集中して取り組めるようになってくださいね!

ライティングの依頼はこちらから!

ライティングを専業としている弊社では、さまざまなジャンルの記事を執筆しています

ポートフォリオ」では、過去の執筆経験を分かりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください。

執筆依頼や、より詳しい話を聞いてみたいという方は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です