ウェブライターがボキャブラリーを増やすメリットや方法を紹介!

文章を執筆する専門家として、ウェブライターがボキャブラリーを増やしておくことはとても大切です。

それは、持っているボキャブラリーによって、文章の読み手に与えるライターの性格のイメージが変わったり、読み手の心を動かせるのかが変わったりするからです

自分自身のボキャブラリーを簡単に確認する方法の1つとして、日本語ボキャブラリーテストがあります。

私も実際にテストに挑戦してみました。

想像していたよりも良い結果が出たので、ビックリしています。

皆さんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

ボキャブラリーが少ないことによるデメリットとは?

ボキャブラリーが少ないと、以下の2つのデメリットがあります。

  1. 伝えたい内容が伝わりにくくなる
  2. メンタルのコントロールが難しくなる

これらのデメリットを理解しておくと、ボキャブラリーを増やしておく重要性が分かるようになりますよ!

伝えたい内容が伝わりにくくなる

1つ目は、伝えたい内容が伝わりにくくなることです。

ボキャブラリーが少ないと、使える言葉が限られてくるため、その限られた言葉で読者にイメージや考えを伝えなければなりません。

その文章を読んだ読者も、そこで提示されている文章だけでライターの意図を考えなければならないため、ライターと読者の間で齟齬が発生しやすくなります

そのため、本当に伝えたい内容が伝わりやすくするためにも、ボキャブラリーを増やしておくことが大切なのです。

メンタルのコントロールが難しくなる

2つ目は、メンタルのコントロールが難しくなることです。

ボキャブラリーが少ないと、自分自身の気持ちをうまく言葉にして伝えられなくなってしまいます。

その葛藤がストレスとなり、メンタルを不安定にさせてしまうのです

気持ちの整理をうまく行うためにも、ボキャブラリーを増やしておくことが大切です。

ウェブライターがボキャブラリーを増やすメリット

ウェブライターがボキャブラリーを増やすことには、以下の3つのメリットがあります。

  1. 思考の範囲を広げられる
  2. 理解力を高められる
  3. 説明力が高くなる

これらのメリットを知っていれば、ボキャブラリーを増やして、ウェブライターとしてさらに活躍できるようになりますよ

ここからは、ウェブライターがボキャブラリーを増やすメリットについて、詳しく説明します。

思考の範囲を広げられる

1つ目は、思考の範囲を広げられることです。

ボキャブラリーが多いと、頭の中のイメージをさまざまな言葉を駆使して表現できるようになります

言葉には、同じような意味を持つ単語でも、たくさんの種類があります。

より多くの言葉を知っておけば、思考の枠組みが拡大し、新たな発想を生み出しやすくなるのです。

理解力を高められる

2つ目は、理解力を高められることです。

情報をインプットする際にボキャブラリーが少ないと、偏った知識として身についてしまいます。

そうなると、ライターとして文章を執筆する際に、誤った情報で文章を書いてしまい、信頼性を低くしてしまうのです。

ボキャブラリーを増やしておけば、情報を正しく理解できるようになるため、楽しく知識を増やしていけます。

説明力が高くなる

3つ目は、説明力が高くなることです。

インプットで増やした知識を文章で表現する時に、ボキャブラリーが豊富だと誰が読んでも理解しやすい内容になります。

伝えたい内容が読み手に的確に伝わるようになるため、読者の不安や悩みといったニーズを解消しやすくなるのです

ウェブライターがボキャブラリーを増やす方法とは?

ボキャブラリーは簡単に増やせるものではありませんが、以下の3つの方法を知っておくことで、さらに魅力的な文章を書けるようになるでしょう

  1. 普段使う言葉に気をつける
  2. 新しいジャンルの本を読む
  3. 文章をたくさん書く

ここからは、ウェブライターがボキャブラリーを増やす方法について、詳しく説明します。

普段使う言葉に気をつける

1つ目は、普段使う言葉に気をつけることです。

手軽に気持ちが相手に伝わるように、省略して言葉を伝えたり、表現を濁して何となく会話を進める人も多いです。

しかし、そのような言葉を多用していると、文章を書くときにうまく表現できなくなってしまいます

適切な言葉遣いを意識したり、新しく身につけた言葉を口に出してみることで、少しずつボキャブラリーが増えていくのです。

新しいジャンルの本を読む

2つ目は、新しいジャンルの本を読むことです。

興味のあることや趣味などに関する本や記事を読んでいると、使われる単語や表現が偏ってしまいます。

今まで触れたことがないジャンルの本を読むと、知らなかった言葉に触れられるようになるため、自然とボキャブラリーが増えていくのです

文章をたくさん書く

3つ目は、文章をたくさん書くことです。

ボキャブラリーが増えるのを待ってから文章を執筆しようとすると、いつまでたってもうまく表現できません。

初めはスムーズに執筆できなくても、頭のイメージを文章にする行動を繰り返すことで、少しずつ良い記事が作れるようになってきます

その際、新たに身につけた言葉を取り入れるように意識すると、より多くの言葉が自分の力になっていくのです。

ボキャブラリーを高めて質の高い記事を書けるようになろう

本記事では、ボキャブラリーを増やすメリットや方法について、詳しく説明しました。

ボキャブラリーはすぐに増やせるものではありません。

しかし、普段の生活で意識的に新しい言葉に触れ、表現を繰り返すことで、さらに良い記事が作れるようになります

ここで説明した内容を参考にして、読み手に伝わりやすい魅力的な文章を書けるようになってくださいね!

ライティングの依頼はこちらから!

ライティングを専業としている弊社では、さまざまなジャンルの記事を執筆しています

ポートフォリオ」では、過去の執筆経験を分かりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください。

執筆依頼や、より詳しい話を聞いてみたいという方は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です